ページタイトル

コンクリート構造物の長寿命化・予防保全表面保護工法

NSガード工法

NSガード工法とは

NSガード工法は低臭気変性アクリル樹脂と有機系短繊維を混合したパテ状樹脂で、これを対策が必要な部位に塗布硬化させるだけでコンクリート表面保護機能とコンクリート片はく落防止機能を併せ持つ新工法です。

工法の特長

  1. 省工程
    ノンシート・省工程タイプのため、特に高所作業車による施工で効果を発揮します。
    また、施工はコテ、ゴムヘラ等で簡単に塗布することができます
  2. 速硬化性
    アクリル系樹脂の特徴である速硬化性、低温硬化性により、工期短縮、早期開放が期待できます。
  3. 耐久性向上
    中性化防止、塩害防止、防水性に優れコンクリートの耐久性を向上させます。
  4. 耐荷重性能
    押し抜き抵抗性・耐荷重性を有しています。
  5. 安全衛生
    皮膚刺激性の少ない原材料を使用しています。低臭気のため安全な作業環境を確保でき、
    都市部での施工でも周囲に影響を与えません。

施工方法

施工前 断面欠損がある際は、欠損部が大きい際は「デンカRIS シリーズ」、注 不陸修正の場合は、「デンカダイナライト不陸調整用」等で修復してください。
下地処理 粗い目(♯36 程度)のディスクサンダー等で細骨材が露出する程度にケレンしてください。
プライマー工  DK550-003A、B を1:1 の配合でハンドミキサー等で練混ぜ、刷毛、ローラー等で塗布してください。
塗布工 NSガードグレーA、B、カットファイバーを100:100:4 の配合でハンドミキサー等で練混ぜコテ、ゴムヘラ等で塗布してください。
トップコート 「CF コート」主剤、硬化剤をハンドミキサー等で練り混ぜ、刷毛、ローラー等で塗布してください。

空白