ページタイトル

施工事例 5. 某鉄道トンネル復旧工事

工事概要

平成16年新潟県中越地震による鉄道トンネルの覆工コンクリートの復旧を行なった。工事内容は「ロックボルト打設、ハツリ落とし工、クラック注入、断面 修復工および落石防護ネット張工」等である。

トンネル坑口部

 

圧座部デンカハードロック・ DK550-003&04注入

覆工コンクリート上半側壁部
ポリマーセメント材 RIS322 エース塗布

工事名 某鉄道トンネル復旧工事
二次下請 株式会社デンカリノテック

復旧工事全体の内容

使用材料

トンネルアーチクラウン部の本格復旧に次の材料を使用した。

[1] 軽微な部分はハツリ後アクリル樹脂「デンカハードロック・ DK550-003」を含浸させた。
[2] 破壊された部分は断面修復材「デンカライジング工法 ポリマーセメント材RIS322エース」を使用。
クラック注入は、ひび割れ幅を勘案して開口幅が少ないクラックより
・アクリル樹脂 デンカハードロック・ DK550-003
    DK550-04
[3] ・ 無機系ミルク注入 デンカタスコンセメント  
・ 無機系グラウト材 デンカプレタスコンT -1S  
空白